スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動について(続き2)

前回のブログで内定をいただいた話をしましたが、就職活動の日記はまだまだ続きます。

今回は5社目、E社です。
概要:外資系金融機関の日本法人。金融機関の中でも某分野に強みがあり、圧倒的な世界シェアを誇る。某スポーツチームのメインスポンサーを務めており、欧米での知名度は高い(らしい)。

E社の面接はD社の最終面接のあった翌日に行われた。
このE社、外資系らしく、1日で1次面接から最終面接までやってしまうという。
1次面接はテクニカル担当の方々で、こいつが本当にITスキルを有しているかどうか、根掘り葉掘り聞かれた。VBAプログラミングには自信がなかったので、適当に合わせる以外になかったが、SPSSを使った統計調査(クロス集計)の話をしたところ「こいつ、本当に統計処理をやってきたんだな」ということを理解してもらえたようだ。
2次面接は、人事担当の方々との面接であった。今まで他社の面接で磨かれた自己PRで掴みは上々(の様子)であった。ここでは、「なぜ大学院に進学したのか」→「ビジネスに生かすため。実際、事例研究をとおして自分のビジネススキルが向上できたことを実感している」と話したときに好感触を得られたように思う。
3次面接は所属部門のアナリストとの面接であった。なんだか眠たそうな表情で、ひたすらカタカナの専門用語をちりばめた話をしてくる。それなりに会計の勉強をしてきたつもりだが、会社の中の仕事は実際に入ってみなければわからない。なので、「まだ御社に入っていないので、詳しいことはわかりませんが、○○ということですか?」と適当に質問&話を合わせることで時間を稼いだ。
最終面接はCFOとの面接であった。このCFO、どうやら私の出身監査法人のOBらしく、「仲間~♪」な雰囲気で話をしていた。CFOということで上級職であったが、ラガーシャツにチノパンという非常にラフないでたちは、外資系企業らしい。
その後、自分が監査法人ではなく、一般事業会社で働きたい理由を述べたところ、非常に好感触で、終始円満な雰囲気であった。
面接終了は19:30頃。もうオフィスは真っ暗で、意外に帰りが速い会社なんだな、と思った。


その後、前回のD社から内定をもらったことで、転職エージェントに内定の報告と就職活動の終結を宣言した。
……が、転職エージェント経由でE社から連絡が来た。
「今すぐ、来い」と。

E社に行ったところ、CFOが待っていた。
そして、
「別の会社から内定をもらったらしいね。
 うちの会社もこの場で内定を出すから、考えてよ。
 その会社からいくらでオファーが出てるの?
 じゃあ、うちはその3割増しの条件でいいよ。」

3割増し?!
ということは……その額に一瞬目がくらんだ。これで大学院の奨学金を返せる……でも、D社には入社以降を伝えているので、困った。
そこで、CFOは「じゃあ、15分待つから、その間に、その会社の人と話をつけておいて」と言って出て行った。
監禁された……本当に困ったことになった。
仕方なく、D社に電話を掛ける。
「あの……KAIKEI侍ですけど、このような状況になってしまいまして、給与等の具体的な条件を伺いたいのですが、担当者の方はいらっしゃいますか?」
「すみません、○○は今、××国に出張中です」
困ったな……持ち帰りにさせてもらうか。

CFOを待つ。
……入ってきた。
「どうだった?」
「担当者の方が××国に出張とのことで、具体的な条件は聞き出せませんでした。つきましては、本件はとりあえず持ち帰りとさせていただき、後日……」
「それは困る! 今すぐ結論を出してもらわないと。現時点ではKAIKEI侍君が筆頭だけど、別の候補者も待っているんだから。」

……いよいよ困ったことになった。
しかも、CFOは巨漢で、目がギョロっとしていて睨まれると怖い。
本当に困った。
会社の魅力、自分の雰囲気に合っているのはD社だ。
でも、給料等の条件では圧倒的にE社だ。
……どうすればいいんだ……

その時、風の声が聞こえた。
 「西へ行け」「西へ行け」
前回のブログでも書いたが、初回勤務地は地方になる可能性が高かった。いや、むしろ確定と言ってもいいだろう。
その地は当時住んでいた場所よりも西の方角にあった。
だから、その地が呼んでいるような気がした。

「すみません、大変ありがたいお話なのですが、今回は見送りとさせてください。大変申し訳ございません」

断ってしまった……。
でも、後から考えてみたら、非常に良い意思決定ができたように思う。
まず、CFOのスタイルも私とは合わない気がした。
私は少なくとも10年は腰を据えて仕事のできる環境に身を置きたいと考えていた。しかし、CFOは「10年だったら、会社を2~3個移ってるよ!」と言った。この根本的な考え方が違っていた。
さらに、E社は外資系企業の日本法人なので、英語を使う機会は頻繁にあるが、実際に海外に赴任する機会はほとんどない。その点、D社はむしろ「積極的に行ってくれ」という姿勢で、私の希望と一致していた。

このように、E社のCFOに迫られたときは、完全に直感で意思決定していたが、後から考えると非常に合理的だったように思う。
将棋の羽生善治が言うように、「直感の7割は正しい」というのは本当かもしれない。

とはいえ、外資系企業の非常に良い条件の案件を蹴ってしまい、その日は飲んだくれた。
ベロベロに酔って、本当に良い気持ちだった。
酔いながら、D社の応対をしてくれた人に挨拶をしておこうと思った。

「もしもし、KAIKEI侍ですが、例の外資系企業の話、断りました。私は御社(D社)で頑張りたいと思います。どうかよろしくお願いします」
「え? 断っちゃったの? でも、嬉いねぇ、こっちの仕事は楽しいよ」
本当にそう思う。D社から内定をもらえてよかった。この会社で頑張ろう!


……
その後、修士論文を作成に注力して、無事に大学院を修了。4月から晴れてD社に勤めることになりました。
公認会計士協会のいうところの「組織内会計士」っていうやつですね。
今は経理業務について実地訓練をしています。会計の知識があっても、経理業務がわからなかったら話にならないですからね。
会計士試験では絶対に勉強しないような内容が続々出てきて、ヒーヒー言いながら勉強しています。
でも、まぁ、毎日充実していますし、これからも頑張り続けます。
スポンサーサイト

就職活動について(続き)

久々の投稿です。
更新の間隔が空いてしまって申し訳ありませんm(_ _)m

大学院を修了し、新生活が始まりました。
新しい会社に入社して4か月が過ぎ、だいぶ慣れてきました。
そのため、ブログを更新する心理的余裕が生まれ、久々にブログの更新画面を開くことにしました。


就職活動の日記が途中になっていいたので、再開します。

今回は4社目D社です。
概要:大手半導体メーカー。高度な技術を有していることから技術移転しないよう、あえて製造拠点を国内にとどめていたが、3.11以降、海外移転の流れが加速。今回の募集となった。
(ちなみに、このD社に就職することとなった)

このD社との出会いは、実は大学院の授業がきっかけである。大学院の授業で、ある企業の経営分析をする機会があり、D社を取り上げた。調査してみると、売上高は減少傾向にあるものの、非常に財政状態が良く「こんな会社に就職できたらいいね」と担当講師と話をしていたのを思い出す。その後、某転職サイトの掲示板に募集の告知があり、応募した。
もちろん、応募に際しては気合を入れてエントリーシートを記入した。転職サイトの見本通りの淡白な書き方ではなく、念入りに、どうして経理をやりたいのか、どうしてこの会社がいいのか、そして、自分はどういう経験を積み、どの点で他の候補者よりも優れているのかを、記入した。

その結果、書類選考通知の知らせが来た。
初めは「嘘だろう」と思ったが、読み返しても1次面接の知らせであった。

1次選考の日、履歴書を手書きで書こうと試みたが、悪筆のため間に合わず、パソコンで作成して、コンビニで印刷し、何とか面接に間に合った。
1次面接の面接官は課長クラスで直属の上司になる方であった。
同じ大学出身ということもあり、話がはずみ、こんなにトントン拍子に進んでいいのか、逆に不安になりながらも、1次面接が終了した。
翌日、2次面接の知らせが来た。しかも、3次面接(最終面接)の予定も組みたいという。
さすがに「冗談だろう」と思ったが、採用担当者に問い合わせたところ、本当であった。
2次面接は人事担当マネージャーと古株の経理担当社員であった。念入りに考えた自己PRを言い、自分がどれだけこの会社に入りたいかを伝えた。その際に、海外売上比率は○○%であるとか、「有報を調べていなければわからないこと」を入り混ぜながら話をつなげると効果的であった。
その翌日、2次面接通過の知らせが来た。3次面接の予定も組んだので落とされることはないだろうと思ったが、本当に通過の知らせが来るとさすがに動揺する。
2010年の会計士試験の後の就職活動から面接に行っては落とされてばかりだったが、「流れ」がこちらに来たことを感じた。

3次面接(最終面接)。
面接担当は、事業部長、人事担当マネージャー(2次面接に参加)、そして、課長(1次面接に参加)であった。
前日、どうやって自分の入社意思を伝えようか、考え過ぎたせいか、緊張しすぎて、何を言っているのかわからなくなってしまった。
「すみません、緊張しすぎてしまったので、もう一度、志望動機を言わせてください」という始末。
あぁ、これは落ちたな、と思いつつ、でも、最後まで真摯に自分がこの会社に入りたいということを伝えた。
実は事業部長も大学の先輩にあたる方で、母校の話になると和やかな雰囲気になった。この時ほど、出身大学のつながりの大切さを感じたことはない。
そして、最後に事業部長から、「一人前になるには、最低でも5年はかかる。君はその覚悟があるのか」と聞かれ、「もちろん、その覚悟である。むしろ、経理は初日から一人前の仕事ができるわけではなく、現場の方々の情報を積み上げなければ、良い仕事はできないと考えている。その意味で、この会社で腰を据えて頑張っていきたい」ということを伝えた。
また、「初回の勤務地は地方になる可能性が高い。それについてはどうか」→「まったく問題ございません」

最終面接は終わった。
正直、落ちたと思った。緊張しすぎて、「すみません、もう一度志望動機を言わせてください」はないだろう。あぁ、もうだめだ、飲もう! と昼間から飲んだくれた

その翌日、知らせは来なかった。今まで、翌日に知らせが来たのに、来なかった。あぁ、やっぱりダメだったのだ、あぁ……。

3日後、電車に乗っていたら、携帯電話に変な番号から着信があった。どうやら海外からの国際電話らしい。知らない電話番号に出るのは怖いので、放置していたら留守番電話が入っていた。
D社の人からだった!
電車から降りて、折り返し電話を掛けたところ……

内定の通知だった。

もう、本当にありがたくて、誰もいない駅のホームで何度も頭を下げた。
あぁ、これで自分のやりたかった仕事に就ける。大学院の苦しい生活から解放される。
本当にうれしくていろんな思いが錯綜した。でも、苦しい期間が長すぎたせいか、現実離れしていて泣くに泣けなかった。

ただ、この後、波乱が生じることになる。

大学院修了が決定

どうも,

本日,大学院より修了決定の通知が来ました。
興奮しております! 寝られません。

正直,今日の通知を受け取るまで,プレッシャーを感じていました。
……せっかく,内定先の企業様に卒業まで入社を待ってもらっているのに,これで卒業できなかったらどうしよう……
同様のプレッシャーは,修了考査の受験資格を得るとき,修了考査の郷学発表を待っている時も感じていましたのを思い出しました。

でも,今日でそんなプレッシャーから解放されました。

卒業まで約3週間,有意義に過ごしたいと思います。

就職活動について4 (入社後のイメージを持つ)

どうも,

前回に引き続き,面接での出来事について書き込みます。
今日は3社目,C社の事例です。

◆C社(インターネット関連ゲーム会社)
概要:C社は主にスマートフォン・ユーザー向けのゲームの配信を手掛けており,近年利用者が急上昇している。数年前にIPOを果たしており,勢いのある会社である。

私は主に経理・財務の職を探していたのですが,今回の案件は「経営企画」の仕事でした。
経営企画も興味があり,軽いノリで面接に臨んだのですが,甘かった……。

会社で受付を済ませると,「会議が長引いて遅れる」とのことだったので,怪しまれない程度に会社内を観察してみることにしました。
待合室は真っ白な,宇宙船のような空間だった。壁際に直方体の椅子(といっても,ただの硬くて四角いモノ)が置かれており,私はそこに腰をかけた。正面には近年の輝かしい成長を証明する品々が飾られている。C社の手掛けたゲームのキャラクター,上場記念の置物,著名な漫画家からのお祝いメッセージの入った色紙……。
「どうだ,俺たちはこんなにイケてるんだぜ」
と言わんばかりの飾り方だ。
申し訳ないが,ハッキリ言って気に入らない。インターネットを介したゲームは,たしかに面白いかもしれない。現に,流行っているから上場まで出来たのだろう。でも,私には利用者の「時間」を奪い合っているようにしか見えなかった。電車の中,休憩時間,帰りの時間……,あらゆる隙間時間に付け込んで課金する。そのゲームに費やした時間を勉強に充てることができたなら,どれだけ優秀な人材を確保できるだろうか……。
これは全く自分の私見なのだが,本当にこのようなネットゲームの会社が社会に必要なのかどうか,疑ってしまう。
しかし,これだけ就職事情が厳しい中で面接に読んでもらっただけでもありがたいのだから,贅沢は言っていられない。

さらに周りをチェックする。従業員の中には,短パン,ビーサンの人もいた。服装自由,いくら仕事がしやすい,とはいえ,それはないんじゃないか……,いや,仕方ない,経営企画職に就けるなんて,滅多にないチャンスだ。贅沢言っていられない……。

そうこうしているうちに,呼ばれた。
面接官は経営企画室の一員。外資系コンサル会社から転職してきたのだとか。
やはり服装は自由で,破れたジーパンを履いた,渋谷にいそうなお兄さんだった。

軽く自己紹介したのち,いきなり次のような質問を浴びせられた。

「経営企画の観点から,当社の改善点を挙げてください」

正直,面食らった。こんな質問の回答など,用意していない。
でも,これは私の準備不足だったと思う。というのは,経理・財務職なり,経営企画職なり,就いた後のイメージをある程度しておかなければならない。もちろん,自分のイメージと入社後の現実が異なることは当然にあり得る。しかし,ある程度イメージできていなければ,その職に就く「覚悟」みたいなものが生まれないし,自分の適性もわからないだろう。
特に,中途入社の場合は,即戦力となることが期待されているので,どんな仕事をするかイメージできていなければ即戦力となり得ない。

その職は,企業においてどんな役割があるのか(何を期待されているか)。
自分がその職に就いたなら,どうするか。

このくらいは考えておくべきだろう。
私の場合,経理・財務はある程度イメージはできたのだが,経営企画職は,なんとなく「カッコよさそうだなー」くらいで,全くの準備不足であった。。

一応,面接官の質問には即興で答えたものの,相手が満足するような回答はできなかったと思う。
面接官は,おそらく知能テストであろう書類の束をもっていたが,それを提示するまでもなく,面接は終わった。惨敗だった。


繰り返すが,面接に準備は必要である。
志望動機,自己PR以外にも,準備しておくべきことはたくさんある。特に,入社後のイメージは一度やっておかないと,その場しのぎで乗り切るのは難しい。

・ 経理・財務職について,どんなイメージを持っていますか。
・ あなたが経理・財務職に就いたなら,どんな貢献をしてくれますか。
・ 将来はどんなキャリアアップのイメージを持っていますか。


上記のような質問に対する回答を考えるだけでも,自分がその職に対して適性があるか,わかるはず。
就職,転職する際は,ぜひとも入社後のイメージをしてもらいたい。そのうえで面接に臨むことをお勧めします。

就職活動について3 (転職エージェントの良し悪し)

どうも,

前回から面接で実際にあったことを述べていますが,今回は2社目,B社の事例を取り上げます。

◆B社(半導体専門商社)
某大手総合商社の100%子会社。半導体の専門商社としてグローバルに展開しており,近年ではOEM事業も盛んに行っている企業です。

面接部屋に入ると,暇そうなおじさんが2人。話を聞くと,例の大手総合商社から天下ってきた人だとか。
海外赴任のチャンスに恵まれているのはありがたいが,絶対に経営管理層には昇進できないな(経営管理層は100%,大手総合商社からの天下りの人)。

さらに話を進めると,
「あれ? 君は『経理・財務』希望なの?? うちは『内部管理』職を希望しているんだけどなぁ」
「え? 『経理・財務』の募集じゃなかったんですか??」
どうやら転職エージェントは募集職種を誤って紹介してきたようです。

その後,適当に面接の受け答えをし,サッサとB社を後にしました。
後日,「経理財務でなく,内部管理職としてなら採用してもよい」との連絡をいただきましたが,丁重にお断りしました。

今回の面接では,転職エージェントの良し悪しが決定的に重要だったように思います。
そこで,以下では転職エージェントについて書きたいと思います。


私は転職エージェント2社に登録しましたが,そのうち1社からの紹介でした。
仮に,今回紹介してくれた転職エージェントを「甲転職エージェント」としましょう。

甲転職エージェントは,業界では大手なのですが,今思うと非常にやり方が雑だったように思います。
10月某日,キャリアコンサルタントと面会する機会を得ましたが,非常に“あくどい”やり方でした。

コンサルタントは
「会計士業界は非常に厳しい」
「ブランクの期間があるから厳しい」
「年齢が20代後半に差し掛かっており,厳しい」
と不安をあおり,さらに,
「あなたはここがダメ」
とダメ出しすることで,私を奈落の底に突き落とします。

奈落の底に突き落とした私に,コンサルタントは手を差し伸べます。
「経理・財務職の書類選考通過率は○%,さらに面接通過率は○%(具体的な数値は失念しました)。」
「とにかく数多く応募して,確率を上げてください。数撃てば当たる論理です(今思えば,こんなアドバイス,誰にでもできる)」
「私はあなたの味方です。不安があれば,いつでも相談に乗ります」
と,「こんなにダメな俺を救われる」かのような錯覚に陥り,「よし,帰ったらたくさん応募するぞ!」と決意するのです。
(今思うと,私はその時洗脳されていました。一種の悪徳商法と同様の手口です)

その後,キャリアコンサルタントから紹介されたのは,なんと108社。
おそらく,業界大手であるがゆえに関与している転職者の数も多いので,企業が「経理・財務」で募集していたら,転職者の適性を踏まえることなく紹介していただけなのでしょう。
紹介されたときは,「こんなに多く案件を紹介してくれる。甲転職エージェントは多くの案件をもっているし,コンサルタントもたくさん紹介してくれているし頼もしい」と思うのですが,実際はそうではないのです。
今回,甲転職エージェントから応募したのは108社中四十数社ですが,結果的に面接まで行ったのは,B社ただ1社のみです。そもそも転職者の希望や適性を踏まえれば108社も紹介できないですし,四十数社中書類通過が1社なんていうことは絶対にありえません。
挙句の果てには,募集職種を誤って紹介する始末(しかも,後処理は代理のコンサルタント(部下)がやっていました)……,非常に雑な仕事だったと思います。

ちなみに,書類選考を通過した企業は合計で6社ですが,残りの4社はもう一つの転職エージェント(「乙転職エージェント」としましょう)からのものです。
乙転職エージェントのコンサルタントは辛辣なコメントを言う女性だったのですが,私の希望,適性を踏まえておススメの案件を紹介してくれた結果,比較的高い確率で書類選考を通過できました(20社中5社。あまり高くないか……)。しかも,面倒臭がることもなく私の些細な相談に乗ってくれました。
(前々回の余談で書いた「大学の非常勤講師」のお話があった際も,頭ごなしに「ダメ」というのではなく,客観的な立場からアドバイスをいただきました。)

丁寧に仕事をしてくれるので,私も乙転職エージェントのコンサルタントを信頼することができました。
彼女には非常に感謝しています。

甲転職エージェントと乙転職エージェント。
ともに規模の大きい転職エージェントでしたが,中で働くコンサルタントは全くタイプの異なる人間でした。

悪徳商法的なやり方で転職者を洗脳し,適当に案件を紹介してくる,甲転職エージェントのコンサルタント。
辛辣なコメントを言うけれども面倒臭がることもなく相談に乗り,転職者の適性に見合った案件を紹介してくれる,乙転職エージェントのコンサルタント。

手っ取り早く儲けるなら前者だけれども,私は後者の仕事ぶりを参考にしたい。
また,単に「大手」だからといって盲信してはいけないということも勉強になりました。

次回は,3社目,C社について書き込みます。
プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
61位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。