スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月22日の成果

本試験(8/21、会計学)まであと120日です。

どうも、

気候のせいか、精神的なものか、いつものエナジーが出てこない今日この頃です。
試験までの残り時間が中途半端だし、これを「中弛み」というのかな、とちょっと危機感を感じています。

そんな時、書店で立ち読みをした本の中に、
「『スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での卒業式スピーチ』が英語の教材としてイイ」
というものがありました。
(書名は・・・失念しましたm(_ _)m)


へぇ・・・ちょっと見てみようかな。


勉強に対する情熱が薄れかけてきていたこともあり、無性に見たくなりました。
で、見たのがこれ↓です。



見れてよかったです。本当に。

You can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.
(先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない)
→今起こっていることは、後に振り返ってみた時に意味合いを帯びてくる、ということ


If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle.
((たまらなく好きなことを)まだ見つけていないなら探し続けよ。妥協するな)


Stay Hungry. Stay Foolish.
(ハングリーであり続けろ。阿呆であり続けろ)


どれも、自分の心に響くものがあり、映像を見終わった後はしばらく動けなかったですね。

「connect the dots」とかは自分の実体験として、本当にその通りだな、と思いました。

自分がもし、大学受験の時に第1志望の学校に受かっていたら、恩師の先生に出会えていただろうか?
自分がもし、某監査法人に入社していなかったら、2009年の会計士試験に受かっていたら、英語の勉強をしたり、速読のレッスンを受けたりしていただろうか?

今、起こっていることは全て、長い人生の中で何らかの意味があるんだと思います。
大学受験の失敗や2009年の会計士試験に落ちたことを思うと、今でも悔しさがこみ上げてきます。
でも今は、それぞれにちゃんとした意味があったんだな、と思えるようになりました。

私は第1志望の大学に行くべきではありませんでした。
第3志望だったけど、私は母校に通うことができて幸せでした。

私はすんなり会計士試験に合格すべきではありませんでした。
某監査法人で仕事をしながら勉強するのはきつかったけど、
周囲のデキる人間(会計士試験合格者)の「思考回路」を盗んだり、
働いた給料で英語の勉強をしたり、速読のレッスンを受けたりすることができました。

自分は、本当に恵まれていると思います。


元気が、出てきました^^

今日はAXLの財表・論文問題集を集中的に解きました。
考え、思考を整理しながら解きました。

もちろん、模範解答とドンピシャとはいかないけれど、すごく充実した勉強ができました。
考えながら解くから、自分が見落としていた論点や、模範解答の文章の巧さがわかったり。

明日以降も、楽しく勉強できそうです!

ブクログ

スポンサーサイト

テーマ : 公認会計士試験
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
693位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
74位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。