スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公認会計士試験(論文式)、お疲れ様でした!

どうも、

公認会計士試験(論文式)を受験された方、お疲れさまでした。

今まで本当に大変だったと思います。
「もう二度とこんな大変な試験は受けたくない」というのが正直な気持ちなのではないでしょうか。
しばらく休みたいでしょうし、私としても休んでほしいと思うのですが、就活に向けてなんとか気持ちを切り替えてほしいと思います。

さて、今回の試験の問題をざっと見させてもらったので、簡単に私なりの講評をしたいと思います。

まず率直な感想として「考える問題はどこに行った???」ということを思いました。特に、会計学(午後)の理論問題はどれも財表のテキストで見たことのある論点ばかりで、テキストを暗記していれば解けてしまう問題ばかりだと思いました。

私が思うに、考える問題とは「ある概念を知っている→ その概念に照らして考えると、どうあるべきか」ということまで論ずる問題ではないかと思います。会計士試験はそういう考える問題を出題することで受験生の論理力、思考力を問うのが趣旨だと考えていました。つまり、「会計学の根本概念の理解とその運用」について問うのが会計士試験のあるべき姿だと思っていました。
しかしながら、今回の問題では「臨時償却と減損損失の性質の違い」「資産の定義と連結の範囲における『支配』概念の違い」など、「概念の理解」が問題の大半を占め、「概念の運用」まで問うた問題が非常に少なかったように思います。概念の説明程度であればテキストに書いてあることですし、テキストを暗記していれば対応可能な問題ばかりだったと思います。
当然、論文式を受験するほどの猛者であればテキストを読み込んで勝負に望んでくるでしょうから、理論ではおそらく差はつかず、計算問題の出来で合否が決まるのではないでしょうか。

また、監査論においても典型論点(精神的独立性と外観的独立性、内部統制など)が出題されており、これまた「差がつかないのでは?」と思いました。典型論点は、当然テキストに書いてあることですから。

私としては公認会計士試験が旧二次試験のように「計算重視、理論は暗記偏重」の試験に回帰してしまうのではないかと危惧しています。
まぁ、確かに、受かりたての新人時代に会計的判断を任される状況は少ないので計算が出来た方が新人時代は重宝されると思いますが、長い目で考えると、しっかりと概念を理解し、その概念に照らして考えるとどうあるべきかを論ずることが出来る能力って必要なんじゃないかと思うのです。

今年の試験にめでたく合格できた暁には、受験生時代に吸収した知識を実務に反映させてみてください。「こういう取引、会計理論的にはどうあるべきなんだろう?」って。


講評は以上です。
受験生のみなさん、本当にお疲れさまでした。
暑い日が続きますが、体調を崩さないように、お元気で。
スポンサーサイト
プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。