スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各種届出が大変 (-_-;

どうも、

今週の火曜日、実務補修所の入所ガイダンスがあったり、
水曜日は出身大学での合格祝賀会があったりで、
いよいよ会計士的な人生が始まったのかなぁ、という感じです。

……が、会計士絡みの届出の手続がもぅ、面倒くせぇ、面倒くせぇ。

準会員会への入会申込
準会員入会申込書や宣誓書を所定のフォームに入力して作成するだけでなく、下記の書類等を用意しなければいけません。

□ 公認会計士試験合格証書写し
□ 戸籍抄本(または戸籍謄本、もしくはそれに準ずる資料)
□ 住民票
□ 写真付き本人確認書類(運転免許証等コピー)
□ 身分(身元)証明書(※1)
□ 登記されていないことの証明書(※2)
□ 写真(50mm×35mm、正面脱帽/上半身)2枚
□ 勤務証明書(既に勤務している方のみ)
□ 入会金払込受領書(原本またはコピー)

※1:身分(身元)証明書
   本籍地の市区町村長から「後見の登記の通知をうけていない、
   禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていない、
   及び破産宣告の通知を受けていない」旨の証明を受ける。
   証明交付用紙は、市区町村所定の用紙を利用すること。
   本籍地の市区町村へ郵便請求が可能である。

※2:登記されていないことの証明書
   全国の法務局・地方法務局の本局戸籍課窓口から「登記されていないことの
   証明書」(後見登記等ファイル用)に「成年被後見人、被保佐人とする
   記録がない」旨の証明を受けること。
   法務局ホームページから オンライン申請 もしくは郵便請求が可能である。
   ……とはいっても、オンライン請求や郵便請求では1週間から10日ほど時間がかかるので、東京法務局へ行きました。


実務補習所補習料等貸付制度
借りられるものは借りとけ!っていうことで、申請。
所定のフォームに入力し、申請書を作成。
「準会員入会申込書」のコピーを添付して、郵送。


実務補修所の補修機関の短縮申請
1. 出身監査法人に問い合わせる。「業務補助等報告書」、「業務補助等証明書」のフォームを送ってもらう。
   そして、「業務補助等報告書」、「業務補助等証明書」作成し、監査法人に印鑑を押してもらって完成。
   完成したら財務局経由で金融庁に提出。

2. 金融庁に上記書類を提出した後、実務補習所事務局に以下の書類を提出。
① 修業年限短縮申請書(第2号様式)
② 業務補助等の概要(第3号様式)
③ 勤務証明書又は在職証明書(期間を証明したもので、代表権のある者が発行したもの)
④ 財務局を経由して金融庁に提出した「業務補助等報告書」及び「業務補助証明書」 の写し
……とはいっても、補修所での「班、番」がまだわからないので、12月10日に判明してから提出。

3. 業務補助等報告書が受理された場合、財務局より「業務補助等報告書の提出について」(受理番号通知書)が交付されるので、そのコピーを5月末まで所属の実務補習所事務局に提出。

いやぁ~、もう、これは、面倒くさいw
しかも、昨日は出身監査法人と「業務補助等報告書」、「業務補助等証明書」に記載するクライアント先の資本金額が間違ってるの、間違ってないので揉めたし(汗)。

でもまぁ、会計士試験に合格できたからこそ、この大変さを経験できるわけなので、前向きに頑張っていこうと思います。

今日で、上記届出のうち、今できることは完了しました。
来週は、12月10日に補修所の「班、番」が判明してたら
2. 金融庁に上記書類を提出した後、実務補習所事務局に以下の書類を提出。
① 修業年限短縮申請書(第2号様式)
② 業務補助等の概要(第3号様式)
③ 勤務証明書又は在職証明書(期間を証明したもので、代表権のある者が発行したもの)
④ 財務局を経由して金融庁に提出した「業務補助等報告書」及び「業務補助証明書」 の写し
を提出する、ということですね。

へへ(汗)

頑張りまーす!!!

ブクログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 業務補助等証明書

>☆さん

コメント、ありがとうございます。

業務補助等証明書は躊躇なく発行してもらえましたよ。
もちろん、「めんどくせーな」的な雰囲気はありましたが、
そこは、以前ちゃんと仕事してきたわけですからね、キチンと権利を主張しないと。

で、出身監査法人での業務ですが、主に米国基準監査をやっていました
(業務補助等証明書では「米国証券取引法に基づく監査(国内)」と記載しました)。

ただ、日本国内での米国基準監査は「任意監査」の扱いになるので、
別途アニュアルレポートの添付(事業年度、資本金額がわかるもの)を要求されました。

こんなところで回答になってますかね。
全部が全部答えられるわけではないですけど、可能な限り回答します。

また何かあったらコメントくださいね。


 侍。
プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。