スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺でのバイト(ビジネスモデル編)

どうも,
前回ブログの続きです。

正月三が日が終わって,お客さんもまばらになり余裕ができたころ,寺のビジネスモデルを考えていました。
すると,寺のビジネスモデルを考えれば考えるほど,
寺のビジネスモデルって,いいなぁ!」と思いました。
(といっても,当のお坊さんたちはそんな俗っぽい理由で開山しているわけではないでしょうけど)

実際の帳簿を見たわけではないですが,
御守の直接材料費を1個当たり100円~200円と仮定し,
労務費を全額固定費とすると,貢献利益率はおよそ6割~8割になります。
お札に至っては,材料そのものは紙なので,貢献利益率は9割近くになるかもしれません。

御守やお札の付加価値は,お坊さんによる「祈祷」によって生み出されるものですが,
祈祷そのものによって生じる変動費は微々たるものでしょう(護摩を焚くための木,マッチ,お香)。
祈祷によって生じるコストの大半はお坊さんの人件費(固定費)と考えられます。

あとは,貢献利益で人件費,光熱費,その他雑科目などの固定費を回収すればいいわけです。

ちなみに,減価償却費は無視できます。なぜなら,寺の建物は古ければ古いほど良いわけですから(笑),
とうの昔に耐用年数を経過しています。

また,固定費の中で一番高いと考えられる人件費もそこまで高いわけではありません。
バイトの時給1,000円は相対的に高い方だと思いますが,正社員(お坊さん)に比べれば安いものです。
正社員(お坊さん)も,べらぼうに高い給料をもらっていたら修行に支障をきたします(笑)。

このように,人件費ですら安いので,相当な利益が出ているんだろうなぁ,ということが想像できます。

では,税金は?
宗教法人は非課税です!

私がバイトで行っている寺はかなり大きい方の寺なので,年間で数百万人という参拝客を集めるといわれています。
とすると,相当お金が貯まっているんだろうなぁ,ということが想像できます。

預金残高,見てみたい……。
監査法人で金融機関を担当していたせいか,そんな衝動に駆られます。
一種の性ですorz

ブクログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。