スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢心。

ある出来事があって、修了考査に受かって自分に慢心があったことに気がついた。
たしかに、かつての「お馬鹿さん」が会計士になる、それも修業年限短縮で会計士になるなんていうことは画期的なことであった。しかし、自分には会計士として必要なことが抜けていたことに気がついた。

「修了考査合格がゴールではないのだ。やっと、スタートラインにたっただけなのだ」

もちろん、周囲への挨拶では「これからも精進……」などと言っていたが、その反面、「苦労してここまできたのに、なぜ大学院でこんなにつらい思いをしなければいけないのか。早く楽になりたい」と思っている自分がいた。
つらいことは避けたい。それは人間としての本能だと思う。だけど、つらいことから逃げているだけでは「会計士の免許は取ったけど、無能な人」になってしまう。それは自分をさらに追いつめることになる。自分は会計士として不断の努力をしなければならない。大変な道に足を踏み入れてしまったものだ。

詰まるところ、自分は「会計士」というタイトルを甘く考えていたのだ。今までのように「自分は不器用ですから」「自分はバカですから」では通用しない。「お前、会計士だろう。なんで、そんなこともわからないの?」と言われてしまう。
会計士という肩書き、それを見た周囲の人たちの期待、その期待に応えなければならない重圧。自分は今後、その重圧と戦っていくことになる。
自分が目標としていた会計士の先輩方。その輝かしい表向きの反面、大変な努力の存在を知った。
一人前の会計士になるためにはもっと努力が必要。


ブクログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。