スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動について1 (就職活動の開始)

どうも,

修士論文の提出等で更新が遅くなりました。
前回のブログで私が就職を決めたことをお話ししましたが,今回はその経緯をお話ししたいと思います。

2012年夏,私は悩んでいました。
どうしても,研究に対する関心が起こらない。
もっとこんな研究,あんな研究したらいいんじゃないか。そんな熱意が自分にはありませんでした。
そのため,将来的に研究を生きがいに生きていく自信がなくなっていました。
別の表現をすれば,研究に「詰み」が見えてしまっていました。

また,修士論文の事例研究でお世話になった企業様と共同作業する中で,
「自分は,やはり実務という開かれた世界の中で,皆と膝を突き合わせながら仕事をしていく方が向いているのかもしれないな」
ということに気が付きました。

しかし,もう夏。新卒採用は春でほとんど終わってしまっている。
でも,修士2年目。博士課程に入ったら,研究者以外の道には行けない。
動くなら,今しかない。

私は,動きました。
9月25日,私の指導教授に「就活宣言」をしました。
意外にもアッサリ「あっそぅ」で終わりましたが,これでもって私は大きく就活へと動き出しました。


就活にあたって,まず日本公認会計士協会の就職斡旋サイトに登録しましたが,まったく使い物になりませんでした。というのは,私が動き出した時期は会計士試験直後で採用活動は一波過ぎており,掲載されていた求人は年収300万円にも満たないような案件ばかりでした。
会計士業界の厳しさを感じつつ,「会計士試験に受かっても,大手監査法人に入れない限り生活に窮するなんて,会計士を目指す人がいなくなってしまうのでは」と危機感を覚えました。
(現に会計士試験受験生が大幅減少していますが)

そこで,大手就職斡旋サイトに登録しました。
私の場合,前職はありますが大学院在学だったので,とりあえず「新卒」系のサイトに登録し,キャリア・コンサルタントに面会する機会を得ました。すると,私の場合,新卒ではなく「転職」扱いで求職活動した方が良いとアドバイスされました。
新卒採用は,やはり春でほとんどが終わってしまっているし,私の場合は前職もあるし,幸いにも会計士,TOEICという資格があったので,転職市場でも勝負できるのでは,との見解でした。

先のキャリア・コンサルタントのアドバイスに従い,転職エージェント2社,転職情報掲載サイト1社に登録しました。

転職活動を開始すると,まぁ厳しいこと。
とにかく
「会計士だから不採用」(業況が良くなれば,転職してしまうのでは)
「大学院に行っているから不採用」(仕事が厳しくなれば,学業に戻ってしまうのでは)
「大学卒業後,ブランクの期間があるから不採用」(変な奴なんじゃないか(実際,変ですけど))
という感じで,自分の積み重ねてきたことが否定される。
本当に鬱になりそうでした。

50社近く応募を出したのではないでしょうか。でも,結果的に書類選考で通ったのは6社。
でも,その6社は,私のバックグラウンドを踏まえたうえで面接の場に呼んでくれた。
私は感謝の気持ちで面接に臨みました。

次回は,面接での出来事を書き込みたいと思います。


(以下,余談)
私は,就職活動中に色々なチャンスに巡り合いました。
その中の一つに「大学の非常勤講師」の話がありました。
仮に,博士課程に進んだとして,博士1年目から非常勤講師の話をいただけるなんて滅多にない話で,非常に有難く,私は歓喜しました。

しかし,前述のとおり,私は研究に詰んでいましたし,今後研究者として生きていく決心がどうしてもできませんでした。
また,私の親が次年度で嘱託契約もなくなり,完全に引退する中で,非常勤講師だけではとても生活できそうにありません。
仮に就職しながら非常勤講師も引き受けるとなると「兼業」となってしまう……。

熟慮した結果,私は非常勤講師のお話を断ることにしました。
本当に有難い話だったけど……,お話を持ちかけてくださった方,ごめんなさい。
私は研究者の道を選べなかった。
でも,私に話をもちかけてきてくださったことは嬉しかったし,大きな自信になりました。

今まで頑張ってきてよかった。
本当に,感謝,感謝,感謝です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
55位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。