スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年合格者からのアドバイス

本試験(8/21、会計学)まで、あと135日です。

どうも、

前回のブログの続きなのですが、
旧職場の飲み会で2009年合格者からアドバイスをもらってきました。

例の飲み会は新人歓迎の意味も込めて行われていたので、新人はほぼ全員出席していました。
中には昨年の全国模試1位の人も・・・。

以下、彼らからのアドバイスをまとめてみました。

◆会計学(財務会計論)
・計算は絶対に押さえる。確実だから。
・理論は、「概フレ」を押さえる。
・友人と議論して考える。「なぜ、こういう会計処理なのか?」
・成績開示の結果、偏差値は60前半だった。
 会計学で高得点が出せれば、他の科目で足を引っ張っても全然痛くない。


◆企業法
・論証例は読書のごとく、読む。
・丸暗記はしない。
・設問に対して、下書用紙に書くべきことを列挙。
・論証例のコピペはせず、「条文+その趣旨」を書く。


◆会計士試験全般
・模試の成績と実際の本試験の成績に相関関係はない。
 全国模試で30番代の人が実際の本試験では1900番代だったり。


やっぱり「思考力・応用力」なんですかね。
今まで暗記して、吐き出すことしかできなかった自分が、ちょっと恥ずかしくなってきました。

ただ、自分で「今年はこういう勉強をしよう」と思っていたことと整合していて、その点はホッとしました。
まっすぐに、自分が信じた道を進んでいこうと思いました。

ブクログ

スポンサーサイト

テーマ : 公認会計士試験
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
48位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。