スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年春季 会計・税務セミナーに参加してきました

本試験(8/21、会計学)まであと130日です。

どうも、

今日は旧職場(某監査法人)のOB向研修会に出席してきました。

◆2010年春季 会計・税務セミナー

平日開催ということで、やはり出席者の半数近くは貫録のあるおじ(い)さまたちでした。
若干、「●人会の慰安」的な様相を呈していましたが、もちろん真剣に受講されている方もいらっしゃいました。
会計士は、一生勉強・一生精進なんですね。

さて、この研修、実費1,000円を取られるのですが、この内容で1,000円はお得です。

・平成22年3月決算の会計上の留意事項
・内外経済報告
・平成22年3月決算に係る税務上の留意事項
・平成22年4月以降の会計上の留意事項
・企業会計基準委員会(ASBJ)の最近の活動状況
・会社法の事業報告・計算書類の改正 有価証券報告書の開示に係る留意点

ちなみに、2つ目の「内外経済報告」は、
お名前は差し控えますが、たまにテレビに出てくるようなエコノミストが解説してくれます。
さまざまな統計数値を駆使して、経済を多面的に分析・解説してくれます。
経済に疎い私としては、本当に嬉しいセミナーです。

監査法人は、研修が非常に充実しています。
研修を受けているとき「監査法人に入って良かった♪」と思うのは私だけではないはずです。


ただ、監査法人が人を成長させるのに最適な環境かというと・・・それは違うな、と思うのです。


報道にもある通り、監査法人は少ない仕事の割に人が多い、「人余り」の状況です。
私が退職する時も、事務所にはアサインされていない新人であふれていて、問題に思いました。

まるで「巣の中のひな鳥」のように口をガバーっと開けて仕事を待つしかない。
自分から仕事を取りに行くことができない。

このような環境が、果たして人を育てる環境なのか?
自分は常々疑問に思ってきました。

もちろん、監査法人という『巣』は安全な場所です。
法律がある限り監査という仕事がなくなりことはありませんから、潰れることはないでしょうし、
給料もそこそこ良いですし、
補修所の費用を負担するなど、さまざまなメリットがあります。

しかし、仕事は自分で取りに行くものだと思いますし、
仕事に揉まれない限り、人は育たないと思うのです。

仕事がなく、事務所でネットサーフィンしていて、1時間3,000円が入ってくる・・・
こんな環境に慣れてしまうことは非常に危険だと思います。
監査法人の外では全く通用しないはずです。


それでもなお、監査法人に就職したい!という人が絶えないのは、私は不思議でなりません。
そもそも「実務従事の要件を満たすためには監査法人でなければならない」なんてことはありませんし、
補修所に通学するのだって、交渉次第でしょう。

なんなんでしょう?
会計士→監査法人なのでしょうか???
監査法人に入れば安泰だからなのでしょうか???


先日のブログにも書きましたが、
私は会計士試験に合格しても、監査法人に戻るつもりはありません。
それは、「安全」という選択肢を捨てることを意味します。

その代わり、私は「自由」を求めます。
「自分が心からやりたい仕事を求める自由」です。
結果として、監査法人時代の給料よりも安い給料だったとしても、
自分が心からやりたい仕事をすることができ、周りから求められる人間になれるのなら、それが本望です。
それが、私の生きる道。



・・・なんか、会計・税務セミナーの話題からかなり脱線しちゃいましたが、
私の熱いパッションを感じていただけましたでしょうか?


明日も、勉強を頑張ります!
そして、今年こそは公認会計士試験に合格して、「私の生きる道」を突き進みたいと思います!!!!!


ブクログ

スポンサーサイト

テーマ : 息抜き
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
62位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。