スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月20日の成果

どうも、

ブログの更新をサボってましたm(_ _)m
今日は久々の投稿です。

◆日商1級の過去問を解いて



解きました。
で、解いてみた感じ、全体的に自分はこういう傾向にあるなと感じました。

・商業簿記はうっかりミスが多すぎる
・工業簿記、原価計算は、丁寧に解けばソコソコの点数はいく

前々から私は財務会計系が苦手ということを自覚していたので、商業簿記に関しては非常に丁寧に解いたつもりだったのですが、うっかりミスってるんですよね。
解答解説を見るとイライラする、そんな日々が続いていました。

もちろん、会計士試験論文式の財務会計においては計算の比重が低くなっていますが、
計算は落ち着いて解けば本来は正答出来るはずなので、確実に正答出来るようになりたいのです。
ま、さすがにこれに関しては「練習あるのみ」ということになるのかな、と思います。

工業簿記、原価計算に関しては、日商1級の試験時間は十分にある(2題で90分)ので、なかなか正答率は高かったです。
ただ、会計士試験論文式の管理会計では1題の目安は30分ですし、しかも論述問題も解かなければいけないので、計算問題を解くスピードを上げないといけないなぁ、ということは感じました。


今日で日商1級系の問題を解くのは終わりにしますが、
自分の弱点が見えましたし、それを克服するためにはどうしたらいいか考える良いきっかけになりました。
また、不思議と、会計士対策の勉強が恋しくなってきたりしました^^;

というわけで、明日からは再び、会計士試験対策の勉強に戻りたいと思います。

ブクログ
スポンサーサイト

テーマ : 公認会計士試験
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIKEI侍!!!

Author:KAIKEI侍!!!
ようこそ!
KAIKEI侍!!!です。
国際派会計士を目指し、会計と英語の勉強に明け暮れる毎日です。

<プロフィール>
2007年6月 公認会計士試験 短答式試験合格
同年9月 某監査法人入社

・・・その後、働きながら論文式試験突破を目指すも・・・

2009年11月 論文式試験不合格
(ただし、科目合格(監査論・租税法・経営学))
 11月末で監査法人を退社。勉強に専念。

2009年12月 第Ⅰ回短答式試験受験→合格
(短答対策:13日間)

2010年11月 公認会計士試験合格

2010年11月 TOEIC 900点

2010年12月 税理士試験(簿記論)合格

2011年4月 大学院博士前期課程 進学

2012年5月 日本公認会計士協会 修了考査合格

2012年12月 公認会計士登録

2013年3月 大学院修了見込
→2013年4月より,就職予定。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
62位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。